Shoehorn(靴べら)

皆さんの家の玄関にもあるであろう靴べらについてです。

日本では家に上がる時に靴を脱ぐので、当たり前のように靴べらが備えられています。

何気なく使われている方も多いと思いますが、靴べらを使用する1番の理由は「靴の中に足を入れ易くする」ことではないのはご存知ですか?

「履く際に靴を壊さない」ことが主目的です。

ドレスシューズにはかかとに月型芯と呼ばれる芯地が入っており、足の固定や靴の形の保持に大きな役割を持っています。

この月型芯を踏み潰してしまうと、足が靴の中でブレるようになったり、履き心地が悪くなるだけでなく、他のパーツの損傷にも影響し、靴の寿命を一気に縮めてしまいます。

個人的見解では特にBtoCの営業の方は1日のうちに靴を脱ぎ履きすることが多く、この月型芯を踏み潰してしまう方が多いように思います。

また最近はカジュアルシューズでは月型芯の入っていないものも多くありますが、靴を長く履くためにも靴べらを使って履くように習慣づけるということが大切です。

少しの手間で大きな変化を感じられると思いますので、よければぜひ実践してみてください。

靴磨き専門店 Brillabello shoeshine-KOBE(ブリラベッロ・シューシャイン神戸)

LINEで送る
Pocket