High Shine(鏡面磨き)_2

前回に引き続き鏡面磨きについてです。

鏡面磨きをする際に上手く光らないという方も多いと思います。

まず用意するものは

・ネル生地のクロス

・ポリッシュ2缶(乾燥させ硬くしたポリッシュとそのままのポリッシュの2種類)

・アルコールと水を混ぜたもの(私はシングルモルトを使っています) 

   
上記を揃えれば後は磨くのみです。

まずクロスですが目地の大きなものは鏡面にスジが残りやすくなりますので、目地が詰まっていればネル生地に拘る必要もありません。

そしてポリッシュは革の凹凸を埋めるために固めのポリッシュを柔らかくしながら使います。

鏡面は革の凹凸が無くなれば綺麗に輝きます。

そしてアルコール水は揮発性が高く、水の付けすぎを避けることが通常の水だけで磨く場合より容易に出来ます。

道具の用途は以上になるので、順を追ってご説明します。

1.まず芯地の入ったつま先とかかとにポリッシュを指で薄く乗せていきます。

塗り込んでいると革の凹凸が無くなり滑らかな塗り心地になっていくのが指先に伝わってきます。

この際には指先に少し力を入れ塗りこむ方がポリッシュが凹凸に埋まっていきやすいように感じます。

力加減はいろいろ試してみてください。

ここは練習あるのみです!

またここが上手くいくと鏡面は簡単に出来るようになります。 

   
2.つま先とかかとにポリッシュを塗り込んだら、クロスを指に巻いてアルコール水を軽く湿らす程度に指先に付けます。

アルコール水の付けすぎは鏡面を曇らせる原因になりますのでご注意ください。

そして、クロスを馴染ませるために少しだけポリッシュを取ります。

ポリッシュも付けすぎると厚塗りになり、ヒビ割れの原因になりますのでご注意ください。

  
3.後は優しくそしてひたすら磨くのみです。

最初は引っかかりを感じるかと思いますが、小円を描くように根気よく磨いてください。

磨き続けていくと滑らかな磨き心地に変化していきます。

そこからはつま先から光のグラデーションを作るために縦に磨くことをお勧めします。

グラデーションを付けなければ光っている部分と光っていない部分の強弱が強くなりすぎます。

ただ、ここは好みが分かれるところなのでお客様自身で判断してください。

  
4.輝きが足りない場合は2〜3を繰り返し行い、納得の輝きが得られれば完成です。 

 
ブログを読んでも分かりにくい場合は気軽にご質問ください。

感覚の部分もあるので足数を磨くしかないですが、言葉でお伝え出来るものはお伝えさせていただきます。

靴磨き専門店 Brillabello shoeshine-KOBE(ブリラベッロ・シューシャイン神戸)

LINEで送る
Pocket