レッドウイングの日

今日、10月12日はレッドウイングの日であるのをご存知ですか?

今から110年前の1905年に2月18日にアメリカのミネソタ州でレッドウイングシューカンパニーが設立されました。

では、何故今日がレッドウイングの日なのかというと創業者チャールズ・ベックマンが103年前の今日なんですよね。

それなら今日はレッドウイングを履こう!と引っ張り出してきたのですが一足足りないような…

     
靴好きが講じて靴磨き職人を始めたので100足以上の靴を持っており、よく記憶が曖昧になります…

真ん中の2足はよくあるアイリッシュセッターとペコスブーツです。 

   
最近ではアイリッシュセッターとは呼ばなくなったそうですね~_~;

両サイドのレッドウイング今回はフューチャーしたいのですが、まず右のペコスブーツです。

 
私1982年生まれなのですが、このペコスブーツはなんと1980年製の先輩です!

大きな革の割れもなく、部分補修が繰り返され、歴代の履いてきた方々が大切にしてきたのが伝わります。  

そして左のワークブーツは1970年代の40年以上前のブーツです。


 こちらはワークブーツとしてガシガシ履いてこられたブーツなんだと思います。

左が履いていて痛かったのか軟化剤を入れております。

伸ばし伸ばしになってますが硬化材入れようかなと考えています。 

 
それよりもなによりも革が割れてしまっているんですよね。

こうなってしまうと革を上から貼って補強するか、この部分の革を丸々変えるしかありません。

ワークブーツはアジを出してなんぼだと思いますが、これは悲しいですね…

ワークブーツもオイルアップだけでもいいですが、栄養を与えてあげる方がより長く付き合える秘訣ですね!

ブリラベッロでは紳士・婦人問わずブーツのメンテナンスも行っております。

※ミドルカット、ロングブーツは500円アップとなります。

靴磨き専門店 Brillabello shoeshine-KOBE(ブリラベッロ・シューシャイン神戸)

LINEで送る
Pocket