パンプスの補色とBefore&After

ブログではあまりBefore&Afterを載せていないのですが、今回は思うところがあり書くことにしました。

こちらのパンプスをお持ちのお客様からご相談を頂き、お預かりしました。

有名ブランドのパンプスでお気に入りだったけど、ゴムの擦り跡が取れなくなり履けなくなっていたそうです。

そこで購入店舗へ持ち込むとヤスリで削られ、補色もされず返却されたそうです。 

 
この状態で戻されても、逆に悪化した状態ですよね…

そもそもゴムの擦り跡は削る必要なく、簡単に取る方法があります。

削ってしまうと補色も必要になりますし、革にも大きな負担が掛かります。

購入店に持っていけば安心される方が多いですが、店員さんは靴や皮革の専門家ではありませんので、プロにお任せする事をお勧め致します。

もちろんプロのいる補修工房を持っているブランドさんも多くありますし、その場でヤスリで削ってしまう店員さんの方が少ないので、持って行ってご相談をされた方がいいと思います。

その上で弊社のような職人に相見積もりをお取りいただければと考えております。

弊社では削ってしまった状態でも補色で修復が出来ます。 

 
ブリラベッロでは大切な靴を20年、30年と履ける靴にする為に精一杯のご協力をさせていただきます。

ご興味頂けましたら、ぜひお問合せ下さい。

せっかくなので最後に磨きのBefore&Afterの写真も載せておきます。 


   

靴磨き専門店 Brillabello shoeshine-KOBE(ブリラベッロ・シューシャイン神戸)

  

LINEで送る
Pocket