鏡面磨き

鏡面磨きについて今日は書いてみようと思います。

完成形はインスタなどでよくあげさせて頂いていますが、どのような工程かまでは載せていないのでブログにしました。

まずお預かりした状態


アッパー全体にポリッシュが塗り込められた状態です。

昔はポリッシュのみでの靴磨きもあったようですが、これは重ねて何度も塗られたことで厚塗りになり履きジワが白くなった状態ですね。

この場合はまずポリッシュを全て落としてしまいます。


こちらがスッピンの状態です。

割れがあるように見える履きジワも割れは無く綺麗になりました。

そして革にフタをされた状態だったので、まず栄養補給をし、クリームを入れていきます。


ここまでがメニューでいうところのshoeshineの工程です。

そしてここからhighshine、いわゆる鏡面磨きです。

鏡面磨きのアプローチもいろいろありますが、今回はベースを作って行う鏡面磨きです。


写真はありませんが踵にも同様に鏡面磨きを行なっています。

そしてシューレースを通して完成です。


1枚目の写真との違いを感じていただけるでしょうか?

革がモチっとして元気な状態に戻りましたね。

こんな投稿をしておいてなんですが、最近自分に戒めていることは「靴光らせ職人」ではなく「靴磨き職人」であれということです。

なのでいろんな革で難題があると燃えます!

と、言いつつも靴磨き=鏡面磨きというイメージが強い昨今の流れに負けて鏡面磨きの技術向上にも余念がないですが笑

私に預けて頂けるお客様に最高のサービスをご提供出来るよういろんな技術を吸収していますので、これからも御高配のほど宜しくお願い致します。

あと最近お問合せ頂くことが多いですが、宿泊されてなくても持込み頂ければ靴磨きはさせて頂いております。

駐車場はホテル駐車場をご利用ください。

屋外駐車場をお使い頂くとお帰りの際スムーズです。

ぜひ気軽にお持ち下さい。

靴磨き専門店 Brillabello shoeshine-KOBE(ブリラベッロ・シューシャイン神戸)

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド2Fロビーにて常駐出店

LINEで送る
Pocket