スコッチグレイン シャインオアレインの鏡面磨き

神戸で靴磨きと靴修理をしているBrillabello(ブリラベッロ)です。

最近スコッチグレインのシャインオアレインをお持ちいただく事が増え、鏡面磨きを行なっているのですが、これがまた大変…

ということで、鏡面磨きをしている人が居ないかとネットを漁ったりもしていたのですが出てこず…

シャインオアレインを完璧な鏡面にしたい!と願望が湧いてきたのでどしどしお持ちください笑

私物は持っていないのでネットから写真をお借りしましたが、こんな靴です。

普通の靴とは質感が違いますね。

それもそのはず晴雨を問わずという名の通り撥水加工が施された靴です。

なめしの工程の段階でフッ素を革に定着させることで撥水効果を作り出しているそうです。

とはいえステッチなど縫い目には穴が空いているので完全防水とはいきません。

ただこれだけ濡れない染み込まない革靴は他にないと思います。


他のソールの物もありますが、このSGとロゴが入ったソールが代表的ですね!

そしてこの靴は光らないことで有名な靴です。

シャインオアレイン=光らせるか雨の日に履くか?と選択肢を投げかけているように感じてなりません笑

しかし私も靴磨き職人の端くれであります。

光にくくとも光らない訳ではない。

では光らせようじゃないかと磨いている訳です。

検証した結果艶が出にくいものの色が入らない訳ではない。(他の皮革よりは色も入りにくいけど)

艶が出ないのは蝋分が定着しにくいからなんだと思います。

鏡面磨きをするとポリッシュが滑りに滑り毛穴から溢れ出てしまいます。

なら滑り出てこない力加減で優しく鏡面磨きをするしかないなという結論に至りました。

優しくソフトになでなで…

蝋分が固まるのを待ちさらになでなで…

結果、今の実力ではここまででした…


しっかりと蝋分が固まる期間を置き何層も繰り返すと普段と変わらないところまで持っていくことは可能だと感じました。

そんな仕事をしていてはおまんま食い上げなのでしないですが、腕を磨き他の靴と変わらない時間で変わらない鏡面を作る修行をします。

靴磨き専門店 Brillabello shoeshine-KOBE(ブリラベッロ・シューシャイン神戸)

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド2Fロビーにて常駐出店

LINEで送る
Pocket