クレム1925VSアーティストパレット

今回アーティストパレットを触る機会があったので油性クリームの二大巨頭の鏡面磨き比較を行うことにしました。

黒靴が手元になかったのでお借りして実践しました。

こちらは普段から使っているsaphir crem1925です。


靴磨き職人でも使っている人が多いクリームなので、ご存知の方や使用している方も相対的に多いかと思います。

そしてこちらがbootblack アーティストパレットです。


現品はないのでネットから写真をお借りしてます。

アーティストパレットはコロンブスさんがクレム1925に対抗すべく満を辞してリリースした油性クリームなだけあって一気に拡がりをみせています。

まず香りですが、どちらも溶剤の匂いがします。

クレムはがっつり溶剤の匂いですね。

アーティストパレットは溶剤の匂いと甘い匂いが混ざってます。

どちらが好きかは好みに分かれるかと思いますが、クレム、アーティストパレット、石油系溶剤の匂いを嗅ぎすぎて頭がぼぉーっとしてきたのでやめました。

指に取った感触ではクレムは乳化性に近く、アーティストパレットは少し粘りがあります。

塗りムラが出にくいのはクレムの方かなと感じました。

では、通常のケアが終わった段階で比較です。


右足がアーティストパレットで左足がクレム1925です。

着色力はクレムの方が優れているようです。

ここから鏡面磨きに入ります。


まずは前回のクレムで鏡面同様アーティストパレットもネル生地で直接塗り込んでいきます。


少しだけ光りました。

この方法でも鏡面になる気配はありますが、時間が掛かってめんどくさくなりそうなのでベース作りに移行


ここでアーティストパレットの粘りが大活躍!

もう光る気しかしないです。

少し乾かしている間にクレム1925もベース作りをしておきます。


こちらは前に経験しているのでお手の物です。

ここから磨き込んで


これくらいのツヤ感ならポリッシュで磨くより断然簡単で短時間ですね。

これはスゴいです!

ただニュートラルで磨いたっけ?と言うほど黒が乗ってませんでした。

そしてクレム1925は


黒々としてますねー。

ポリッシュで磨くより黒いかもしれません。

ただ、時間が掛かるしなんだかのっぺりしてるし鏡面の綺麗さはアーティストパレットの勝ちですね。

比較


写真だと全然わかりません。

鏡面の幅が左右で違うことしかわかりません。

このままお返しするのは左右差もあり忍びないので


ポリッシュで磨き直しお返ししました。

こっちも違いがわかりにくーい!

もう少し機微が伝わるようなカメラで撮らないとダメですね…

そんなこんなで両者良い点悪い点はありますし、使われる方が靴に対してどのようなアプローチをしたいかで最適なクリームは変わります。

クリームもたくさんあるのでよくどのクリームがいいですか?と質問されますが、どんな靴磨きをしたいかでオススメも変わります。

実際にいろんなクリームに触れて自分の好みのものを見つけるしかないですね。

今回の比較は自分自身も勉強になりました。

靴磨き専門店 Brillabello shoeshine-KOBE(ブリラベッロ・シューシャイン神戸)

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド2Fロビーにて常駐出店

LINEで送る
Pocket