皇室御用達アートブラシ製オリジナル靴ブラシ

この度、浅草にある皇室御用達ブラシで有名なアートブラシさんにオリジナルブラシをオーダーすべく浅草へ行ってまいりました。

手植えブラシでお願いすべく意気揚々とお伺いしたのですが、そこで店主さんより衝撃の事実を教えて頂きました。

結果としては機械植えでオーダーしたのですが、アートブラシさんではザホランスキーとシュレジンガーという世界で一二を争う精度の植毛機を使われているそうで手植えより毛が抜けず精度も良いとのことでした。

まさかの事態に即機械植えに決定!

出来上がって届いたのがこちらです。

持ち手のブナは手入れができるようあえて無垢のままにしていただき、豚毛、馬毛、山羊毛、汚れ落とし用、爪ブラシをオーダーしました。

使用感としては毛に程良いコシがあり、いい圧でブラッシングが出来ます。

そして抜け毛に関してはメチャ抜ける…

と思ってよくよく見てみると植わってないアホ毛が出て来ていただけでした笑

数足磨くとアホ毛達もいなくなり抜け毛も出なくなりました。

数日使った結果予想以上に満足しています。

機械植えすげー!!

とはいえ職人さんの粋を感じられる手植えもそのうち作りたいですね。

そしてオリジナルブラシは焼印を入れ無事完成しました。

今回ブラシのブログなのであえて言わせていただくと、鏡面全盛の中、私はブラッシングを一番大切にしています。

靴のケアとして一番大切なのはやはり保湿、保革であることは間違いないです。

鏡面磨きは下地を作ってからのお化粧であり、20〜30年履ける靴に育てるという意味では大きな役割を果たしません。

とはいえ綺麗になりますし鏡面磨きは大好きなんですけどね笑

何が言いたいかというと大切なシューケアの中でも、ブラシは愛情を持って接すれば最高の結果を生み出してくれる武器になるということです。

なのでブラシのケアも普段からしています。

毛に付着した余分なクリームは拭き取り、椿油を染み込ませたつげ櫛でブラッシングし、持ち手はクルミオイルでオイルアップをするということを欠かさないようにしています。

皆さまもぜひご自身のブラシと向き合ってみてください。

靴磨きがさらに楽しくなりますよ!

また販売は今のところ考えていませんがお声が多ければ考えようかなと思っています。

靴磨き専門店 Brillabello shoeshine-KOBE(ブリラベッロ・シューシャイン神戸)

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド2Fロビーにて常駐出店

LINEで送る
Pocket