ダメージを与えないオーロラシューズのオールソール

神戸で靴磨きと靴修理をしているBrillabello(ブリラベッロ)です。

今回はありがたいことに全国からお送り頂いているオーロラシューズのオールソール(靴底交換修理)についての内容です。

今回お送り頂いた靴がこちらです。

オーロラシューズの製法ですが、アッパー(茶色のレザー部分)と中底(後ほど出てくる黒いゴム部分)をステッチダウン製法という方法で縫われており、そこからさらに今回交換したソールがくっついております。

一般的には古いソールは

①熱してボンドを溶かして剥がす。

②機械で削ってしまう。

この2パターンが圧倒的です。

もちろんそれで綺麗に剥がせるのですが、熱を与えたり、削ることで靴が痛むケースがあります。

とは言っても必ず痛むという訳ではなくそうなることがあるというだけですが…

こちらがソールを剥がした写真です。

そしてこちらがステッチダウンの縫い目です。

アッパーと中底を貼り合わせているのでこの糸だけでくっついているわけではないですが、こんなに細い糸で縫われています。

まず、熱することで革が痛んでしまいます。

そして上の写真の黒いゴムが熱で縮んで形が変わるケースがあったりします。

削る方法ではこの細い糸を一緒に削ってしまうなんてこともありますし、中底を少し削ってしまうというケースもあります。

せっかく大切に履いている靴なので修理に出して靴がダメージを受けるのは避けたいですよね。

当店では熱もあてず、機械も使わず剥がしていますのでご安心ください。

そして今回はクリーニングも同時にご依頼頂きました。

ビフォーアフター

靴が綺麗になると気持ちがいいですね。

クリーニングは接着剤が緩んだりしないように途中に作業を挟んでいます。

ソールを貼り付けて、余分な部分を削ります。

削った粉が着くのでもう一度磨いて完成です。

料金はこちら

オールソール 9,000円

クリーニング 4,000円

靴にダメージを残さないよう作業をしておりますので、長めに1ヶ月ほど時間を頂いております。

ご興味頂けましたらメールがお電話にてお問い合わせください。

神戸で靴磨き、靴修理をするなら

shoeshine&repair Brillabello shoeshine-KOBE

LINEで送る
Pocket